ダウンヒル


a0027_000456

こんにちは!またまたSAYOです。カニメで何か書きたいなぁと思っていたのですが、何を書いてないかなーって考えていたら急に降りてきたんですよ!!「頭文字D」が!!あんなにゲームをやっていたのにどうして忘れていたんでしょう。

ということで今回は「頭文字D」と書いてイニシャルD。峠を攻めて行こうと思います。たぶんこのコーナーを作るときに、免許サイトのブログなのにイニDは色々とダメなんじゃないかって思って無意識に避けていた気もしないでもないんですが、いっちゃいましょう。

この作品、一部からはとても怒られそうな設定がありまして、主人公の藤原拓海くん。彼18歳の高校生なのですが、それはもう18歳なんて普通なら免許取りたてホヤホヤでおぼつかないぐらいが可愛いのに、尋常じゃないぐらい運転が上手い。どうしてかといいますと、彼のご実家「藤原とうふ店」というお豆腐屋さんなのですが、そこで彼が13歳のころからお父様が無免許で車での配達を手伝わせていたという…なんてこと!!だめです。これはマジでマネしちゃだめです。二次元だからスルーされていることですよ!しかも、積んでいるものがお豆腐なので、振動やコーナリングで崩しては売り物にならない、そんなデリケートな物を運ぶ練習として紙コップに水を入れて積み、それをこぼさないように走るという、なんともスパルタなトレーニングを幼いころからやっていたため、若くして群馬県の秋名山(モデルは同県の榛名山)を猛スピードで下ることができるドライバーに育ち、その実力で周りを圧倒しつつ、数々の走り屋とともに切磋琢磨し成長していくお話です。

ここで登場する拓海が父から受け継いだ車がAE86 スプリンタートレノ GT-APEX。通称ハチロクと言われています。白黒のツートンカラーで車体には藤原とうふ店の文字。この一見「ダサい」とも思われる車で颯爽と峠を下る姿は逆にカッコいいんですよね。ギャップってやつですね。この作品もちろん計算つくされた車体も出てくるのですが、カプチーノなどのカワイイ車も出てきてその車とドライバーならではの得意技なども楽しませてくれる作品です。原作のマンガ、アニメ、映画、ゲーム等幅広い展開をしているので、よろしければ是非触れてみてください。

くれぐれも無免許運転はダメですよ!!そうだ!この合宿免許市場で免許を取りに行きましょう♪そうしましょう!!それではまた☆