MT免許とAT限定免許の違いはなんですか?


ATMT

車は運転する際にギアチェンジが必要となり、それを自動で行ってくれる車がAT(オートマチックトランスミッション)車、運転者が自らで行うのがMT(マニュアルトランスミッション)車です。

MT車とは、クラッチペダルの操作が必要な車のことを言います。ギアチェンジの教習が教習内容に含まれ、操作がAT車に比べて複雑なため、MT免許を取得するとAT車の運転が可能になります。

AT車よりも取得にやや難しさはありますが、運転できる車の幅が広がるため、仕事で役立つこともあります。また、車の運転の醍醐味を求めて取られる方も多くいます。

最近はAT車の方が多いため、AT限定免許を取得される方が多くいらっしゃいます。また、AT限定免許の方がお値段も少しお安くなっているので、特にMT車を運転する予定のない方はAT限定でもよいかと思われます。